キャンプ用品

[Coleman]コールマン タフスクリーン2ルームテントMDX+2020年モデルのレビュー

今まで使っていたテントを卒業し、新しいテント(タフスクリーン2ルームハウス/MDX+2020モデル)を購入しました。

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+2020モデルは、テントの最上部にさらに日除けになるフライシートがついていたり、タープ側(リビング側)にランタンフックがついていたりします。

私が住んでいるところは沖縄なので、日差しが殺人級。ですので、この「ダークルームテクノロジー」が夏でも涼しくていいんです。

スポーツデポにふらっと家族で立ち寄った時に、子供が喜び、展示してあるテントでまさかの爆睡。

妻は「これいい!!」と一目惚れ。

私はいつもは念入りに調べて購入を決めるのですが、これに限っては即断でした^^;

早速、開封の義をしてみたので、レビューしてみます。

お値段は、これ級のものは10万円以上するものがほとんどですが、こちらは、8万円で安いほう(みたい)

このタフスクリーン2ルームハウス/MDX+の重さは20kgあるので、かなーりズッシりとしています。

近くにあったストレイダーと大きさ比較。

わかりますかね^^;

横幅はだいたい同じくらい。

開けてみると、2本の紐で結ばれた大きな物体が。

この2本の紐は後々、重要だとわかり、荷造り用のしっかりと閉まる紐に変えることに。

大きく5点に分かれています。

一番外側のテントを広げます。

このコールマンと「書いてあるほうが前」って聞いたけど。

どっちにもコールマンって書いてありました(笑)

ポールもしっかりしていて、太く、ガイドロープが中空を通っていて、バラバラにはりません。

まずは、色がついていないものから繋げて、テントに通していきます。

こうやって、まずは、バッテンにします。逆さまでスミマセン。

ポールとテントを接続するところはこんな感じになっています。

以外とすんなりと接続できました。

反対側は、ポールを立てながら、テントを通すとやりやすいです(少しコツがいるかも)

 

そして、テントのフックをかけていきます。

このフックがしっかりとハマるにもかかわらず、なかなか、取りやすく設計されていました。

寝室側のポールが立ちました。

この後は、中間のポールをこのように取り付けます。

なぜかもう一枚写真。。

次は、リビング側にもポールを入れていきます。

これを通すだけで、立派な自立型のテントになりました。

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+のいいところは、この「ペグ無しでも自立する」というところですね。

もしもの災害のときでもコンクリートなどのペグを打てないところでも自立します。

一人で立てていますが、全く問題なく、ここまで10分ぐらいでできました。

付属しているペグ類はこんな感じです。

黄色のペグはひも用かな。

インナーテントを取り付けます。(横向きでスミマセン)

インナーテントは、まず最初にこの赤色の部分から取り付けています(横向きでスミマセン)コピペ

こういう細かいところの一工夫が組み立てやすくて、有り難いんですよね。

全部取り付けてみました。

思っていたより、簡単で、途中で楽しくなってきます(笑)

インナーテントは、フルクローズにもできるし、4方向をメッシュにもできます。

後ろ側(リビング・タープ側とは反対側)からも入れちゃいますね。

沖縄はこの時期(11月)でもフルメッシュで気持ちよく寝れそう。

もちろん、タープ側もフルクローズ、フルメッシュにできます!

実は、この後、強風でテントが全て吹き飛びました。

慌てて、子供に助けを呼び、事なきを得ました。

風船おじさんになるところでした。

この大きな小窓(どっち?)が風がよく通っていいんです。

テント側の窓は、内部からしか開けられない設計になっています。

セキュリティ?的にもGood!

インナーテント内にもランタンフックがあります。

ランタンフックの両隣には、ベンチレーション(通気孔)があります。

けっして、星が見れるわけではありません。

ここから星が見れるといいなぁ。

気持ちイイ天気だったので、このまま寝れそう。寝たい。。

インナーテントもダークルームテクノロジーで、真っ暗になります。

内部はとても広く、ネットの書き込みでは大人5人が普通に寝れたとか。

私の家族4人プラス親戚の9歳の子供も入れて、苦なく快適に、寝れましたよ。

小さなポケットが一つだけあります。

こういうポケットって「たくさんあればいいんでない?」と思いますが、このポケットに入れたことを忘れてそのまま畳んでしまう、ってことがあるんですよね。

なので1つで私はOKだと思っています。

こういうベンチレーションが結露を防ぐんです。

さっきのランタンフックの両隣にある、ベンチレーションから見たところ。

こういうチャックフックを隠すところなんか、さすがのコールマンです。

 

小窓したの通気孔。

これで涼しさがかなりUPします。

このポールは2つあるのですが、タープ側の3箇所のいずれかに立てることができます。

今回は強風の関係で、商品写真にあるように真正面側ではなく、サイドを開けています。

3箇所どこからでもOKなのが嬉しいポイント。

タープ側のランタンフック。

これがタフスクリーン2ルームハウス/MDX+の2020年版からのようです。(これは有り難い!)

ちなみに、インナーテントの端をどこに引っかけるのか?わからないところの写真です。

これに本当はフライシートが付くのですが、強風で断念しました。(本当はめんどくさかった)

最後に畳んで終わり。

この畳んでしまうのが、時間がかかり、妻を呼んで手伝ってもらいました。

立てるより、しまうのが、難しかったです。

付属の説明書を見てやりましたが、何度か失敗して袋に入らず。。

たぶん慣れると、早くできそう。

妻は「こんな大きなテントがこんなに小さくなるんだ!」と驚いていました。

-キャンプ用品
-

© 2022 青い空とコーヒーと